資金0円から投資ができる証券口座はこちら!

【手取り14万】車を持つとどうなる?ローンや生活費を徹底解説!

スポンサーリンク

 

ともき
ともき

手取り14万円で車を持つとどうなるんですか?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

こういった悩みを解決するよ!

当ブログは、一人暮らし手取り14万円でお金が貯まらない「ともき」の悩みを、手取り14万円で貯金7桁を達成したベテラン「ぽんちゃん」が解決するブログです!

 

本記事のテーマ

【手取り14万】車を持つとどうなる?ローンや生活費を徹底解説!

この記事でわかること

車にかかる必要な費用内訳

車を持った場合の生活費

・手取り14万円がするべきこと

記事の信頼性

この記事を書いた人:ぽんちゃん

・一人暮らし手取り14万 3年目

・2年間で貯金100万円を達成

・毎月の平均貯金額 4万円以上

・趣味の競馬に毎月1万円を使う

参考:ぽんちゃんとは?

 

読者さんへの前置きメッセー

本記事では「手取り14万円で車を持つとどうなるのか知りたい、手取り14万円が車を持ったときの生活費を知りたい、車を持つよりもすべきことはあるのか知りたい」という方に向けて書いております。

 

この記事を見れば、車にかかる必要な費用、手取り14万円が車を持つ場合の生活費、手取り14万円がするべきこと」を知ることができると思います。

 

もともとはお金を貯めることが出来なかった私ですが、「貯金術を学び、投資や資産運用についての本を読み漁って勉強した」この方法を利用することで、圧倒的に楽して貯金ができるようになりました。

生活に困窮していた私を救ってくれたこの貯金術に感謝しつつ、この記事を執筆しましたので、ぜひ最後までご愛読くださいませ!

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

手取り14万円生活3年目で貯金7桁の体験談をもとに、車を持つ人生が終了してしまう可能性について解説します。かなり有益な内容になっていますので、是非最後まで読んでくださいませ!

手取り14万円は車を持つべきなの?

参考書を読みながら考えたふりをするエンジニアの写真

この記事では、

手取り14万が車を持つとどうなるか

について解説していきます。

ともき
ともき

手取り14万円でも車が欲しいです!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

結論から言うと、手取り14万円が車を持つと「人生終了」します。

ともき
ともき

ええええ!!

 

人間なら誰もが車を所有することに憧れを抱くと思いますが、手取り14万円が車を所有すると、人生が終了してしまう可能性があります。

 

手取り14万円に関わらず、低収入の人が車を所有してはいけない理由は大きく分けて3つ存在します。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

それがこちらになります!

手取り14万が車を所有すべきでない理由

・車の生涯費用は約4000万円

・生活が破綻する

・将来のための貯金ができない

 

車の生涯費用は約4000万円

取引所がGOXして預けていた仮想通貨が引き出せなくなった男性の写真

人生では「マイホーム」「教育費」「保険」「食費」のような大きい出費の連続ですが、その中でも大きな支出を占めているのが「車」になります。

 

実は、車の生涯費用は約4000万円と言われており、サラリーマンの生涯年収の約15%~20%程度を占めているのです。

 

ともき
ともき

生涯費用4000万円!?噓だぁぁ!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

サラリーマンの生涯年収は2億円~3億円なので、そのうち4000万円が車に消えるんだよ!

 

車の生涯費用4000万円というのは、40年~50年の間、車を所有し続けた場合の費用になります。車は消耗品ですので、定期的に乗り換えをする必要があります。さらに「ガソリン」「駐車場」「車検」「保険」「税金」といった維持費も必要になるため、車を維持するお金は馬鹿にならないのです。

 

 

生活が破綻する

電話越しで精神的ダメージを受ける中年男性の写真

手取り14万円で生活をする場合、ただですら家計がカツカツで自由なお金はほとんどないと思います。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

実際、おいらは手取り14万円生活を3年続けているけど、ほとんど自由に使うお金は1万円程度しかないよ。

ともき
ともき

僕なんか5,000円ほどです…

 

例えば、

一般的な一人暮らしの生活費を見ると、

・家賃…65,000円

・水道光熱費…10,000円

・スマホ通信費…10,000円

・食費…30,000円

・日用品…5,000円

・お小遣い…20,000円

このように、自由なお金(お小遣い)は2万円程度しか残りません。さらにこの家計簿には「保険」「医療費」「雑費」「交際費」といった項目が記載されていないため、実際の生活ではさらに手元に残るお金は少なくなってしまいます。

 

このような状態で車を購入して維持することを考えると、確実にローンを利用することになります。ローンを利用すると毎月の固定費がさらに2万円ほど増加してしまいます。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

そしてローンには金利がつきものなんだ。

 

そしてローンを利用してしまうと、金利で3%程度多く支払う必要が生じます。もし仮にローンを滞納してしまうと、どんどんの金利によって借金は増加していき、さらにはクレジットカードなどを差し押さえされてしまう可能性があります。そうなると、この先の人生でローンを使用することができなくなり、最終的には「自動車ローン破綻」に追い込まれてしまう可能性も大いにあるのです。

 

ともき
ともき

なんだか話が一気に怖くなってきた…

ぽんちゃん
ぽんちゃん

さらにもっと怖い未来の話をするよ!

 

将来のための貯金ができない

複雑な心境の女性の写真

手取り14万円の生活の場合、果たして毎月どのくらい貯金することができると思いますか?

 

ともき
ともき

僕は毎月ほとんど貯金出来ていない…

ぽんちゃん
ぽんちゃん

実は20代の貯金額の中央値はたったの5万円なんだ。

 

生活費月9万円の内訳を実践している場合は毎月約4万円貯金することができますが、ほとんど人は「収入=生活費」として使っているので、貯金をする余裕がありません。

 

実は、日本の20代の金融資産保有額の中央値は「5万円」ということが調査で判明しています。

 

ともき
ともき

中央値?平均じゃなくて?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

平均値の場合は、実際のリアルからかけ離れた数値になってしまうんだ。

平均値の場合は、20代の金融資産は約80万円になります。しかし平均値で算出をすると、たった一人の大富豪が存在するだけで数値が大きく偏ってしまうことがあるのです。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

5人のうち4人の貯金額が5万円でも、残りの一人の貯金額が1億円だった場合の平均値は「約2000万円」になってしまうのだ。

 

その反面中央値の場合は、数の少ない方から数えてちょうど真ん中に当たる人の数値を基準とします。つまり100人のデータがあるのなら、貯金額の少ない方から順番に数えて「50番目」に当たる人の数値を「中央値」として算出する方法です。

 

ともき
ともき

ということは50番目の人の金融資産が5万円しかないってこと?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

その通りだね!

なので、20代の金融資産保有額の中央値が5万円ということは、半分以下の20代が貯金5万円も持っていないことになるのです。

 

このような状態にもかかわらず、手取り14万円という平均よりも低収入で生活をしている状態なのであれば、車を保有しなくても貯金する余裕が無いはずです。将来を考えると「結婚」「教育費」「マイホーム」のようなライフイベントが待ち構えている状態で車を保有するのは、4000万円を捨てるというかなり危険な行動でもあるのです。

 

ともき
ともき

泣きたくなってきた…

ぽんちゃん
ぽんちゃん

そのくらい車を保有するというのは覚悟が必要なんだよ!

 

車にかかる必要な費用内訳

前方に注意してシフトレバーをドライブにの写真
ともき
ともき

車を持つべきでない理由はわかりましたが、実際に車を持つとどのくらいの費用がかかるんですか?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

それでは車にかかる必要な費用内訳を紹介するよ!

ここまでは手取り14万円で車を保有するとどうなるのかについて解説をしてきました。しかし、実際に車を保有するとどのくらいの費用がかかるのか明確に知る必要もあると思いますので、「車を所有すると必要な費用内訳」を解説していきます。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

実際の費用はこんな感じだよ!

車購入時にかかる初期費用

ぜったいに許さんぞ虫ケラども!!!の写真

車を購入する際にかかる初期費用は果たしてどのくらい必要なのでしょうか?今回は本体価格100万円の車を購入した際の平均的な値段をシミュレーションしてみます。

車購入時にかかる費用

・本体代…100万円

・消費税…10万円

・登録料…2万

・車庫証明費用…0.5万円

・検査登録手続き費用…0.5万円

・納車費用…2万円

合計費用 115万円

※車種や重量による税金は除く

このように、初期費用のみで最低でも115万円が必要になります。また、上記の計算には「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」などを含んでいないため、実際は130万円~150万円ほどになる可能性もあります。

 

ともき
ともき

そっそんなにかかるの…?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

次は毎月の維持費を計算するよ!

 

車にかかる毎月の維持費

日本円からビットコインにリスクヘッジの写真

次は毎月必ず必要になる「維持費」について解説していきます。維持費に関しては「都会」「田舎」によって大きく変化しますので、今回は平均的な値段を参考に計算をしていきます。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

維持費はだいたいこんな感じ!

 

車にかかる毎月の維持費

・自動車税…4万円/年

・任意保険…1万円/年

・ガソリン代…0.5万円/月

・修理、消耗費…2万円/年

・駐車場代…1万円/月

・車検…6万円/2年

・ローン…1.5万円/月

合計…毎月3万8,333円

このように、100万円の車をローンで購入した場合の毎月の維持費は3万8,333円になります。実際、「修理」「車検」といった費用は一度に出費する項目なので、毎月の維持費に含む必要はありませんが、あくまでも1年間でかかる費用を12カ月で算出した場合は上記のような金額になります。

 

現実的に、手取り14万円で毎月3万8,333円を支払うのはかなり厳しいかもしれませんね。

ともき
ともき

ほぼ4万円…

ぽんちゃん
ぽんちゃん

これを生活費に換算してみましょう!

車を持った場合の生活費

生活費がピンチの写真

100万円の車を購入した場合の毎月の維持費は、単純計算で3万8,333円という結果になりましたが、これを手取り14万円の生活費に加えてみるとどうなるでしょうか?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

それがこんな感じです!

車を持った場合の生活費

・家賃…65,000円→50,000円

・水道光熱費…10,000円

・スマホ通信費…10,000円→5,000円

・食費…30,000円→20,000円

・日用品…5,000円

・お小遣い…20,000円→10,000円

・車の維持費、ローン…38,333円

このように、まずは家賃を最低でも5万円以内に変更する必要があります。その後にスマホを「格安SIM」に変更し、食費とお小遣いをそれぞれ1万円ずつ節約する必要があります。ここまで努力をしてようやく車を維持できるようになりますが、貯金は1円もすることができないので、かなり厳しいのではないでしょうか。

 

ともき
ともき

そ…そんな…。世の中厳しすぎる…

ぽんちゃん
ぽんちゃん

手取り14万円では車を保有するのはかなり危険だね。

 

手取り14万円がするべきこと

私たちにお任せください!デキるビジネスパーソン風の男女の写真

ここまで、車にかかる費用と生活費について解説をしてきました。やはり手取り14万円で車を保有するのはかなり厳しいことがわかりますね。

ともき
ともき

じゃあもう車を保有するのは諦めた方がいいんですね…

ぽんちゃん
ぽんちゃん

それでも車が欲しいなら収入を増やすしかないね!

ともき
ともき

ひぇっ!

 

手取り14万円で車を保有するためには、やはり収入を増やすことは必須になります。車を保有しなくても、将来のために貯金を増やしたいのであれば収入を増やす努力は必要かもしれませんね。

 

収入を増やすおすすめの方法

おすすめの本を教えてくれる文学少女の写真
ともき
ともき

収入はもちろん増やしたいけど、僕には何のスキルもありません…

低所得が辛くて収入を増やす方法を模索しているけど、なかなかいい方法が見つからなくて困っている人は多いのではないでしょうか。実際私も、収入を増やすために様々な方法を調べましたが、「転職」「副業」といった方法しか見つかりませんでした。

 

ともき
ともき

転職も副業もしたくない!どうすればいいのですか!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

そんなあなたには「投資」がオススメです!

 

収入を増やすおすすめの方法

投資をする

 

手取り14万円で幸せに暮らせるようになったとしても、やはり収入が増えることに憧れを抱く人は多いと思います。ただ、「今の職場の居心地がいい」「転職する勇気が無い」と、転職を諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

私も転職を恐れた結果、手取り14万円生活3年目に突入しています。しかし、そんな私でも自分の資産を少しずつ増やすことができるようになった方法が「投資」だったのです。

 

 

ともき
ともき

投資なんてギャンブル怖くてできないよ!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

「投資はギャンブル」というイメージがあるけど、正しく行えば資産を上手く増やすことができるんだよ!

 

日本人はバブル崩壊を経験しているため、「投資はギャンブルだ」というイメージを持っている人がほとんどです。しかし、海外では投資は資産を増やすうえで当たり前の手段になっており、アメリカでは義務教育で投資について学ぶほどです。つまり、投資は正しい知識を持っていれば、長期にわたって資産を形成できる手段になるのです。

 

貯金ゼロから始めるオススメ投資

ともき
ともき

投資をするべきなのはわかりましたが、それでもやっぱり怖い…

ぽんちゃん
ぽんちゃん

だったら資金0円から投資を始めてみよう!!

ともき
ともき

資金0円!?

 

投資初心者にとって、投資家の第一歩を踏み出すことにかなり不安を感じると思います。私自身は初めは不安な気持ちが大きく、なかなか投資に手を出すことができませんでした。しかし資金0円から投資を始めるチャンスがあったので、そのキャンペーンで株をゲットしようと思い、投資を始めることができました。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

それが「LINE証券」だったんだ!

 

LINE証券とは、LINEと野村証券が合同で立ち上げた「スマホで投資ができるサービス」です。既に皆さんが愛用しているLINEアプリで投資を始めることができるので、若者を中心にユーザー数が急増して注目を集めています。

 

現在LINE証券では、新規で口座開設をした人を対象に、3株分の購入代金を無料で受け取れる「3株プレゼントキャンペーン」を実施しています。初めて投資をする方は資金0円から投資を始めることができるため、ノーリスクで投資経験を積むことができます。

 

ともき
ともき

資金0円から投資を経験できるのは嬉しいですね!

 

LINE証券について詳しく知りたい方は、初心者向けLINE証券の評判/メリットとデメリットを徹底分析を是非参考にしてみてください。なお、3株プレゼントキャンペーンは期間限定開催なので、早めの口座開設を推奨しています。以下の公式ページより進むと3株分の購入代金を受け取ることができますので、興味がある方は口座を開設してみてくださいね!。

 

\今なら3株プレゼントキャンペーン実施中/

LINE証券口座開設

LINE証券公式ページはこちら

ともき
ともき

投資デビューしてみようかな!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

将来のために勉強していこうね!

まとめ(貯金がしたいならまずは行動しよう)

わたしも頑張らなくちゃ!の写真

いかがだったでしょうか?

今回は

手取り14万が車を持つとどうなるか

というテーマをもとに

手取り14万が車を所有すべきでない理由

・車の生涯費用は約4000万円

・生活が破綻する

・将来のための貯金ができない

車購入時にかかる費用

・本体代…100万円

・消費税…10万円

・登録料…2万

・車庫証明費用…0.5万円

・検査登録手続き費用…0.5万円

・納車費用…2万円

合計費用 115万円

※車種や重量による税金は除く

車にかかる毎月の維持費

・自動車税…4万円/年

・任意保険…1万円/年

・ガソリン代…0.5万円/月

・修理、消耗費…2万円/年

・駐車場代…1万円/月

・車検…6万円/2年

・ローン…1.5万円/月

合計…毎月3万8,333円

収入を増やすおすすめの方法

投資をする

という、最良の考えについてまとめさせていただきました。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

貯金を増やしたいなら、まずは行動することが大切です。

貯金を増やすためには、

必ず行動に移すことが大切です。

 

幸せな人生を過ごすためには、必ずたくさんの貯金や資産運用の経験をしなければいけません。

 

この記事を最後まで読んでいただいた皆様に、素敵な人生が待っていることを願っています。

 

当サイトは、私「ぽんちゃん」が経験した様々な貯金術を基に、「多くの人々のお金に対しての悩みを解決したい」「多くの人々に少しでも幸せになってもらいたい」という想いで運営しております。興味がある方はこれからも是非ご愛読ください。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぽんちゃん

新卒で入社した手取り21万円の会社を半年で退職。現在、一人暮らし手取り14万円生活3年目の25歳。2年間で貯金100万円を達成。毎月の生活費9万円。毎月4万円を貯金しながらLINE証券で資産運用中。趣味の競馬に毎月1万円使っている。手取り14万円なのに本気でFIRE(早期リタイア、経済的自立)を目指すマン。

ぽんちゃんをフォローする
一人暮らし
シェアする
ぽんちゃんをフォローする
ぽんちゃんブログ

コメント