資金0円から投資ができる証券口座はこちら!

【手取り14万円】一人暮らしの家計簿を1円単位で公開!【月9万円も可能】

スポンサーリンク

 

ともき
ともき

一人暮らしの家計簿ってどんな感じ?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

こういった悩みを解決するよ!

当ブログは、一人暮らし手取り14万円でお金が貯まらない「ともき」の悩みを、手取り14万円で貯金7桁を達成したベテラン「ぽんちゃん」が解決するブログです!

 

本記事のテーマ

【手取り14万円】一人暮らしの家計簿を1円単位で公開!【月9万円も可能】

この記事でわかること

・一人暮らし手取り14万の家計簿内訳

生活費節約のコツ

記事の信頼性

この記事を書いた人:ぽんちゃん

・一人暮らし手取り14万 3年目

・2年間で貯金100万円を達成

・毎月の平均貯金額 4万円以上

・趣味の競馬に毎月1万円を使う

参考:ぽんちゃんとは?

 

読者さんへの前置きメッセー

本記事では「一人暮らしの家計簿が知りたい、1カ月どのくらいお金が必要なのか知りたい、生活費をできるだけ節約したい」という方に向けて書いております。

 

この記事を見れば、「一人暮らし手取り14万の家計簿内訳、生活費を節約する方法、一人暮らしの生活費の目安」を知ることができると思います。

 

もともとはお金を貯めることが出来なかった私ですが、「貯金術を学び、投資や資産運用についての本を読み漁って勉強した」この方法を利用することで、圧倒的に楽して貯金ができるようになりました。

生活に困窮していた私を救ってくれたこの貯金術に感謝しつつ、この記事を執筆しましたので、ぜひ最後までご愛読くださいませ!

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

一人暮らし手取り14万生活を3年続けているベテランの家計簿内訳になります。それぐらい有益な内容になっていますので、是非最後まで読んでくださいませ!

一人暮らし手取り14万の家計簿内訳

今年の控除額を計算する子供の写真

この記事では、

一人暮らし手取り14万の家計簿

について解説していきます。

ともき
ともき

一人暮らしの家計簿はどんな感じなんですか?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

結論から言うと、一人暮らし手取り14万のおいらは「生活費月10万円」を達成することができているよ!

  

結論、

一人暮らし手取り14万の家計簿は、

以下のようなります

 

【結論】一人暮らし手取り14万の家計簿

固定費=63,000円

・家賃…50,000円

・光熱費…6,000円

・水道代…2,000円

・スマホ通信費…5,000円

変動費=31,623円

・食費…17,211円

・日用品…1,982円

・お小遣い…7,430円

・競馬(趣味)…5,000円

生活費合計…94,623円

ぽんちゃん
ぽんちゃん

詳しく解説するよ!

 

固定費

まずは、月々の固定費の内訳から見ていきましょう。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

それがこちらになります!

費目(固定費)金額        
家賃             50,000円      
光熱費6,000円
水道代2,000円
スマホ通信費5,000円
合計63,000円

 

家賃 50,000円

ともき
ともき

家賃50,000円ですか?少し安いのかな?

ぽんちゃん
ぽんちゃん

おいらは一応都会に住んでいるよ!

 

都心部の一人暮らし物件だと6万~7万ほどが平均になりますが、その中でも私の物件は家賃5万円と、平均と比べると少し安めのなります。

 

固定費は、毎月何もしていなくても出ていく出費になるので、家賃5万円だったとして、もっと安い物件はないか日々模索しています。

持ち家だとこの家賃を払わなくて済むので、既にローンを払い終わった持ち家を持っている人はかなり生活費を抑えることができますね。

 

生活費を抑えたいのであれば、できるだけ固定費を安くすることがカギになりますね。

 

光熱費 6,000円

誰もいない夜のワンルームの写真
ともき
ともき

光熱費6,000円普通の金額ですね。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

光熱費は節約するのはかなり難しいですからね。

 

光熱費の節約は、努力のわりに費用対効果が低いので、あまり気にしないようにしています。「こまめに電気を消す」ぐらいなら格安の電力会社と契約をしてもいいかもしれませんね!

 

なので光熱費に関しては、私はあまり節約を意識していません。

 

水道代 2,000円

白いタイルの流しの写真
ともき
ともき

水道代2,000円も普通ですね。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

おいらの物件は水道代が固定なんだ!

 

光熱費と同じく、水道代も節約をするにはかなりの努力が必要であり、費用対効果が低すぎます。私の場合、水道代は毎月固定の2,000円なので、あまり節約を意識していません。

 

水道の良いところは、飲料水の役割も果たすという面ですね。コンビニやスーパーで飲み物を買う必要がないのは嬉しいです!

 

スマホ通信費 5,000円

「複数台のスマホを使い分ける女性」の写真[モデル:千歳]
ともき
ともき

スマホと通信費で5,000円は安いですね。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

格安SIMの時代ですよ!

 

最近は大手携帯会社も携帯料金を値下げしており、さらに「格安SIM」の登場で、今まで1万円ほどかかっていたスマホ代が3,000円ほどで済むようになりましたね。私の場合は機種代の分割(毎月2,000円)が残っているので、機種代+スマホ通信費で5,000円となりました。

 

賃貸物件によっては「インターネット無料」のところも近年増加傾向あるので、引っ越しの際はインターネット無料物件を候補に入れてみるのもありかもしれません。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

以上がおいらの固定費だよ!

変動費

手が寒いマフラー女子の写真

 

続いては「変動費」を詳しく見ていきましょう!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

変動費は以下のようになりました!

費目(変動費)        金額      
食費17,211円      
日用品1,982
お小遣い7,430
競馬(趣味)5,000円
合計31,623

 

食費 17,211円

自分の記事がスマニューに掲載されてバズった(朝食)の写真
ともき
ともき

食費17,211円!すごいですね!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

中には15,000円以内で頑張っている人もいるよ!

 

食費は基本的に自炊をし、健康のために一日一食を心がけると自然に節約することが出来ます。コンビニや外食を利用すると1食1,000円前後になってしまうこともあるので、出来るだけ自炊の数を増やすことが「食費を節約するカギ」になります。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

おいらの場合は、平日一日一食、休日は二食!

 

毎日の自炊は厳しくても、「二日に一回自炊をする」「一日一食の日を作る」ように工夫すれば、食費を大きく節約することができます。食費によって生活費は大きく変化するので、できるだけ自炊で節約をしていきましょう!

 

日用品 1,982円

ともき
ともき

ほぼ2,000円ですね。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

買い替えが重ならなければ余裕です。

日用品は数カ月に一回購入するものが多いので、2,000円だと厳しい月もあれば、全くの0円という月もあります。

 

基本的に一人暮らしの男性の場合は、2,000円前後で足りるとおもいますが、女性の場合はもう少しお金が必要かもしれませんね。最低でも4,000円以内には抑えたいところです。

 

 

お小遣い 7,430円

「臨時収入に歓喜する低所得者」の写真[モデル:大川竜弥]
ともき
ともき

お小遣い7,430円?何に使うんですか!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

必要な衣類や美容院だね。

1カ月のお小遣いの内訳は

・衣類(~3,000円)

・美容院(~2,500円)

・交際費(~5,000円)

このような出費がほとんどになります。

 

上記の出費が毎月必ずあるわけではないので、「衣類を購入したときは交際費を控える」といった対策をとっています。

 

競馬(趣味) 5,000円

ともき
ともき

手取り14万の癖に競馬って!?。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

趣味も楽しみながら節約する、これがおいらのスタイルだよ。

 

私の場合は趣味が競馬なので、毎月5,000円~10,000円を目安に競馬を楽しんでいますが、これはあくまでも「趣味費」なので、みなさんの趣味に合わせて考えてください。

お金がかかる趣味はたくさんあるので、毎月5,000円~10,000円というのはなかなか厳しいように感じる人もいると思います。

 

僕の場合は、競馬で当たった払戻金は全て貯金に回すようにしているので、たしなむ程度で遊ぶようにしています。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん

以上がおいらの生活費の家計簿だよ!

ともき
ともき

僕もまずは生活費10万以下を目指しながら、気楽に貯金に励んでみます!

ぽんちゃん
ぽんちゃん

その調子だね!

まとめ(貯金がしたいならまずは行動しよう)

いかがだったでしょうか?

今回は

一人暮らし手取り14万の家計簿

というテーマをもとに

本記事のテーマ

【手取り14万円】一人暮らしの家計簿を1円単位で公開!【月9万円も可能】

この記事でわかること

・一人暮らし手取り14万の家計簿内訳

生活費節約のコツ

【結論】一人暮らし手取り14万の家計簿

固定費=63,000円

・家賃…50,000円

・光熱費…6,000円

・水道代…2,000円

・スマホ通信費…5,000円

変動費=31,623円

・食費…17,211円

・日用品…1,982円

・お小遣い…7,430円

・競馬(趣味)…5,000円

生活費合計…94,623円

という、最良の考えについてまとめさせていただきました。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

貯金を増やしたいなら、まずは行動することが大切です。

貯金を増やすためには、

必ず行動に移すことが大切です。

 

幸せな人生を過ごすためには、必ずたくさんの貯金や資産運用の経験をしなければいけません。

 

この記事を最後まで読んでいただいた皆様に、素敵な人生が待っていることを願っています。

 

当サイトは、私「ぽんちゃん」が経験した様々な貯金術を基に、「多くの人々のお金に対しての悩みを解決したい」「多くの人々に少しでも幸せになってもらいたい」という想いで運営しております。興味がある方はこれからも是非ご愛読ください。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぽんちゃん

新卒で入社した手取り21万円の会社を半年で退職。現在、一人暮らし手取り14万円生活3年目の25歳。2年間で貯金100万円を達成。毎月の生活費9万円。毎月4万円を貯金しながらLINE証券で資産運用中。趣味の競馬に毎月1万円使っている。手取り14万円なのに本気でFIRE(早期リタイア、経済的自立)を目指すマン。

ぽんちゃんをフォローする
一人暮らし
シェアする
ぽんちゃんをフォローする
ぽんちゃんブログ

コメント